ノーマネー ノーライフ

目指せ資産1億!我が家の資産も完全公開。投資、節約などなどお金に関する情報を発信していきます。

kyash改悪。2月3日以降モバイルSuicaへのチャージが還元対象外に

f:id:yamayamata:20190201220143j:plain

kyashの改悪が発表されました。

2月3日以降、モバイルSuicaアプリでの購入、チャージ・GooglePay経由によるモバイルSuicaアプリでの購入、チャージがキャッシュバック対象外となります。

変更の内容と代替案についてまとめました。

kyashって?という方はこちらの記事をご覧ください。

 

kyash2月3日の変更点

2月3日以降は次の取引について、kyashの2%還元の対象外となります。

変更前は、1回の購入・チャージ金額が6,000円以上だと2%還元の対象でしたが、2月3日0時以降は金額にかかわらず一律対象外となります。

今までは

  • kyashに紐づけたクレジットカードのポイント
  • kyashの2%還元

の二重取りができましたが、今後は、kyashに紐づけたクレジットカードのポイントしかつかないので、還元率が2%ダウンします。

 

Suicaには2万円までチャージできます。

2月2日までに1回6,000円以上の購入・チャージで、2月末日までに売上が成立している分まで2%還元の対象になるので、改悪前に上限までチャージしておいた方がいいかもしれません。

 

なお、今回の変更はモバイルSuicaに関してだけで、他の電子マネーなどには一切変更はありません。

代替案:モバイルSuicaチャージで高還元カードは?

1.VIEWカードビックカメラSuicaカード)

VIEWカードJR東日本が発行するカードで、

といった他のクレジットカードにはない特長があります。

 

数あるVIEWカードの中でも一番のおすすめはビックカメラSuicaカードです。

その理由は、年会費が実質無料だからです。

初年度年会費無料、2年目以降は477円の年会費がかかりますが、前年にカードの利用がある場合は2年目以降も無料になります。

平たく言うと、1年に1回でもカードを使えば年会費が無料ということです。

しかも、利用明細をWeb発行にすると、請求のある月ごとに50ポイント(1ポイント=1円)がもらえます。

特に意識せずに使うだけで、年間600ポイントもらえるのはありがたいです。

通常還元率は1%(ビックポイント0.5%+JREポイント0.5%)で、Suicaへのチャージなどのビュープラス対象商品に利用すると還元率が1.5%(JREポイント1.5%)になります。

f:id:yamayamata:20190201212704j:plain

さらに、ApplePay利用者には、4月30日まで還元率が3.5%になるキャンペーンが実施中です。

ApplePayにビューカードを登録して、Suicaチャージするだけでいいので、簡単に達成できます。

キャンペーンページ:ビューカードとApple PayでSuicaチャージ3.5%還元キャンペーン:ビューカード

2.エポスゴールドカード

エポスゴールドカードは通常還元率は0.5%ですが、「選べるポイントアップショップ」で選んだショップでのショッピングは還元率が3倍になります。

JR東日本を選んでSuicaにチャージすることで還元率1.5%となります。

さらに、年間利用額が50万円以上で2,500円分のボーナスポイントが、100万円以上だと10,000円分のボーナスポイントが付与されます。

100万円ちょうどの利用だと還元率が1%アップするのと同じことです。

先ほどの1.5%とあわせると合計2.5%の高還元率になります。

なお、エポスゴールドカードには直接申し込むこともできますが、その場合は、5000円の年会費がかかります。

年会費無料のエポスカードを作成してからインビテーションを受けると、エポスゴールドカードが永年年会費無料になるので、エポスゴールドカードが欲しい場合、まずはエポスカードから作成するのがおすすめです。

分かってはいたけど・・・

今回の変更で2月3日以降は、モバイルSuicaへのチャージが一律2%還元の対象外になりました。

ついに改悪が始まったかー、という感じですね。

今回の改悪が結構イタイという人も多いのではないでしょうか。

モバイルSuicaチャージ以外には影響がない変更なので、使い道はまだまだありますが、この改悪を契機にどんどん悪化の一途を辿りそうな予感がします。

いつかは改悪されるのは分かってたことですし、こればっかりはしょうがないですね。

LINEPayVISAクレジットカード(仮)の発表があったように、今後もまた新たな高還元カードが出てくることでしょう。

 

関連記事: